「ほっ」と。キャンペーン

Chic & Sweet * びいず・びい

going tara tara
by tara-a
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ダ・ヴィンチ・コード -The Da Vinci Code-

b0056988_23572341.jpg
やっと見てきましたぁ~。
オトモダチに誘ってもらって久々のロードショー。
感想は「大変だったねぇ~」といったところでしょうか。
やっぱり、本を先読みしてしている観客の既に肥大化してしまっているイマジネーションの世界を現実の映像で凌駕するのは相当な苦労があるだろうなぁと思ってしまった次第です。そういう意味では若干の違和感もありましたが、概ね頑張っていたと思います。
b0056988_23573878.jpg

しかし、現役バリバリ時代のハリソン・フォードを思い描きながら原作を堪能してしまった私としては、やっぱりトム・ハンクスのラングドンはちょっと地味目でちょっぴり物足りなかったかも・・・。堅物だけどほんのり色香がただよう系役柄のハリソン・フォードに心くすぐられるタチなんですもの。それに通常はさほどではなかったけれど、シリアスな場面でアップになった時にどうしてもあの巨大なM字型の髪型が気になって気になってどうしようもなかった。。。(涙)
b0056988_004564.jpg

ま、ま、話が大きく逸れましたが、先入観無しで鑑賞すれば、ああいうまじめ一本槍のラングドンも十分ありだし、ソフィー役のオドレイ・トトゥも抑えたクールな役柄が意外なほどしっくり馴染んでました。
小説は、膨大な情報量(キリスト教の歴史・暗号解析etc.)を織り込んだ謎解き。そのストーリー展開はもちろんのこと、登場人物の心象風景やら背景がパイのように繊細に幾重にも書き込まれているのが大きな魅力の一つでした。事件の背景にはキリスト教の紆余曲折の歴史と人々のそれぞれの事情と思い(思惑)が絡み合い新たな悲劇が進行していきます。
b0056988_2358849.jpg
そういう意味では「シラス」の物語はなかなかに重要でしたが、時間の制約が伴う映画化でそこらへんの面白さは少々薄まっていたように思います。が、反面、シラスの風貌やら、「最後の晩餐」に秘められた「聖杯伝説」の秘密やらを、鮮やかな映像で目の当たりにさせられると、それはまた新たな感動を覚えたりもいたしました。ポール・ベタニーの悲哀と不気味さを含んだ演技はキャスティングの妙♪でございました。

個人的には、「まず映画、そして原作へ」をお薦めいたします。
「原作→映画」だった私も、再度、原作を読み返してみたくなりました♪
[PR]
by tara-a | 2006-06-05 00:01 | Movies & Books
<< カサノバ(試写会)-CASAN... ターコ&ホワイトオパールネックレス >>


-- Shop*Beads B. -- オープン!
カテゴリ
最新のトラックバック
Former Water..
from Former Waterpi..
American Beaty
from American Beaty
Berkshire Ha..
from Berkshire Hath..
Pedro Zamora
from Pedro Zamora
Strawberry F..
from Strawberry Fes..
Vilma
from Vilma
Jason Ferguson
from Jason Ferguson
Brandon Mcin..
from Brandon Mciner..
Ece Filiz
from Ece Filiz
Myvu Pmv1004i
from Myvu Pmv1004i
Coptic
from Coptic
Katoucha
from Katoucha
Lost Season ..
from Lost Season 4 ..
Mcskillet Bu..
from Mcskillet Burr..
Bleach 312
from Bleach 312
La Marathon
from La Marathon
Baby K Tan
from Baby K Tan
Leaping Frog
from Leaping Frog
Little Boy W..
from Little Boy Who..
Realize
from Realize
検索
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧