Chic & Sweet * びいず・びい

going tara tara
by tara-a

<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

御礼

ほんと。 うれしかったです ♡

「死んでました」なんて大袈裟でしたが、心身共に疲れちゃっていたところに
皆さんから思い思いのあたたかいコメントを寄せて頂いて。
思わず元気が出ました。本当にありがとうございます。

最初は 作りためたビーズアクセサリーを画像に残したいと始めたブログ
ついにはビーズショップも開店し
いろんな方と知り合うことができて、様々な影響を受けて
ブログのテーマもどんどん広がり、そしてトッチラかり・・・ 

でも、その時々に一番興味のあることを素直に書きつづる楽しさと
見ず知らずの方達と親しく語り合う楽しさで、アットいう間に間もなく1年。。
これからもマイペースで綴って参りますが
今後ともどうぞ宜しく御願いいたします♪ ぺこり     
[PR]
by tara-a | 2006-01-31 12:19 | 雑 感

死んでました・・・

電話で風邪がウツルなんてことがあるのでしょうか・・・

実は先日、
体調不良で仕事を休んでいる同僚と連携を取らねばならず電話で話をしました。

同僚 「インフルエンザではないのだけれど
     今、胃腸にくる風邪が流行っているそうで、それにやられちゃったみたい。」 
私   「まあ、それは大変。お大事に。」 そんな会話をかわしました。

しかし、家に帰るとなんだか胃がムカムカする。珍しいことに食欲もない。
それに加えて異常なほどのネイチャー・コーリング。
あれよあれよと体中の水分がトイレへと消えてゆく・・・・・
「え~、なんだろう。昼のお弁当が良くなかったのかな。
 いやこの間、大量摂取した生牡蠣がアタッタのかも・・・・」などと思いめぐらす間にも
体力は消耗し気力も薄れていく。寝るしかないと布団に入ったのは6時頃。
翌朝までぐっすり眠って朝起きると、頬もげっそりコケていました。
久しぶりの小顔(?)。ウレシイような悲しいような、奇妙な気分。
2日目もたっぷり睡眠を取り、食事もおかゆでしのいで何とか回復して参りました。

皆様の回りでもインフルエンザ、風邪が蔓延しているご様子。
電話でもウツル(?!) くらいですから、ブログでもウツルかも・・!?
どうぞくれぐれもお気を付けあそばしてくださいね。
[PR]
by tara-a | 2006-01-30 13:00 | 雑 感

70億円の・・・・・

16世紀に作られた金細工「サリエラ」
2003年にウィーンの美術館から盗まれ
オーストリア北部の森の中から、先日、発見された。
b0056988_137367.jpg

黄金に輝く豊作の女神、海洋の神の繊細な彫刻。
「彫刻のモナリザ」とも呼ばれるルネサンス芸術の円熟を表す傑作らしい。
が、しかし、その実態は「塩入れ」・・・・ですって・・・・ 評価額70億の。

なんで?????
これ、逆さまにして振るのかな????

芸術家の考えることは理解しがたい News
[PR]
by tara-a | 2006-01-25 12:06 | News picked up

ジェームス・イングラム

新年会はブルーノートTKで、とお誘いを受けてイッテキマシタ。
ジェームス・イングラムの最終日ラスト公演。
よかったぁ♡

人呼んで「ヴォイス・オブ・クインシー・ジョーンズ」。
とにかくとろけそうないい声。CDよりワイルドでかつ so sweet。
歌が上手いのはモチロンだけど圧倒的な声量、絶妙なファルセット。
惚れ惚れしました。
b0056988_1518919.jpg

ライブはヒット曲のオンパレードで、私でも口ずさめるほど。
さらに、これでもか!っというほどのパフォーマンス。
観客が「ジェームスぅ~」と呼びかけると、ぐわぁっと見つめてものすごいアイコンタクト。
斜に構えて人差し指をロックオン。「you~!」とサビを歌い上げちゃってる。
思わずオ~ラを感じちゃいました!ヘタな男がやってたら、間違いなくお笑いです。
(ジェームスにも、ちょっと笑いを感じたけど・・うふふ)
でも若い頃より、(髪のない)今の方がグットいい感じに熟成されていらっしゃった・・・

ラスト公演ということだったからか、アンコールでは
ずっとメロディーを口ずさみながら
客席の間をグルリと回ってほぼ全員と握手してくれました。
もちろん私も♪ 
なんというかプロ魂を見せてもらった!!という感じでちょっと感動。
新年よいひとときを過ごす事ができました♪
b0056988_1557188.jpg
お薦めアルバム
[PR]
by tara-a | 2006-01-23 12:18 | music

小説 あらしのよるに

b0056988_1204787.jpg

きむら ゆういち (著)

“ともだちなのに------おいしそう”


なぁ~んて魅力的なキャッチ!
キュートでちょっとこわくて、少し哀しい・・・・・
このキャッチに刺激され、すっごく見たいと思っていたのですが、
友人を誘うのはためらわれ、一人で見に行くのにも怖じ気づき・・・
イジイジしていたら、小説バージョンが発売された(もともとは絵本)との
情報を得て早速読んでみました。

・・・・・・・満足。
メルヘン。それでいてリアル。
なんてかわいくて、美しくて、健気な友情物語なんでしょう・・・(涙)
人間の友情、愛情、生き方etc....
メルヘン気分を味わいながらもそんなことさえ考えさせられてしまうのです。
秀逸。
b0056988_1274555.jpg

【STORY】
オオカミのガブとヤギのメイは
ある嵐の晩に、雨を避けて逃げ込んだ真っ暗な小屋の中で偶然出会い
2匹は互いに相手をオオカミとヤギであることを知らぬまま言葉を交わした。
他の仲間とはこれまで感じたことのない親近感を覚え、再会を約束する。
明るい日の下で再び出会った2匹は・・・・・
本来はそれぞれが食うもの食われるもの同士。それぞれには仲間もいる。
2匹の運命は・・・・・

1.2日でサッと読めてしまいます。
おこちゃま向けの作品だけれど、オトナだって心揺さぶられることマチガイナシ。
お時間ができたら是非どうぞ。
b0056988_1282165.jpg

絵本バージョンは6冊でワンシリーズ。
大きめひらがな表記。字数も少なめ。
それゆえ返って「言葉の重み」を感じたりもします。
こういう読み方もよいかもしれないですね。(しかし、BY 立ち読み・・・すみません)
小説版とは結末も少々異なっているようで、一興です。
[PR]
by tara-a | 2006-01-20 12:09 | Movies & Books

プライドと偏見 (2005) -PRIDE & PREJUDICE-

b0056988_11504386.jpg
「ブリジット・ジョーンズの日記」以来ずっと気になっていたのが、BBC製作コリン・ファース主演の「高慢と偏見」。でもお高くてレンタルにも出ていないので未見。

そこに新作が登場!楽しみにしておりました♪
試写会にはハズレまくりましたけれど、「これは見に行くぞ!」という勢いで映画館に駆け込んだのです。
b0056988_1154418.jpg

【STORY】
 「プライド」と「偏見」が邪魔をして素直になれない男女の恋の行方
18世紀末のイギリス。田舎町に暮らすベネット家の5人の子どもはいずれも女ばかり。女性に相続権がないこの時代、父親が死んだら家も土地も遠縁の男子が継ぎ、娘たちは路頭に迷ってしまう。母親はなんとか娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっていた。そんなある日、近所に独身の大富豪ピングリーが引っ越してきた。にわかに浮き足立つ5人姉妹。そして舞踏会の夜、次女エリザベスは、ピングリーの親友ダーシーと出会う。しかし、ダーシーの高慢な態度に強い反感を抱くエリザベス。さらに、あらぬ誤解からダーシーへの嫌悪感はますます募っていくのだったが…。(allcinemaより)
b0056988_11541677.jpg

女性に相続権がなかった時代ならではの「金持ちの婿探し騒動」顛末記。主人たる夫が死んでしまえば妻も娘もたちまち無収入の一文無しに。「女だから」と言う理由で、財産は親類の男子のものとなる。こんな理不尽な状況も、女ゆえにタダ受け入れるしかなく、「資産家との結婚」を成就できるか否かが究極の死活問題だった。・・・なんだかねぇ(怒)・・・

でも「ある晴れた日に」ではここらへんが適度にシリアスに描かれていて、女性の自立なんて望むべくもない切なさと悔しさ+「恋」(=結婚)をエマ・トンプソンがさりげなく見事に演じていました。
それに比べるとこちらはコミカル路線に偏りすぎ。ほぼ「ブリジット」のノリです。だいたい従兄のコリンズ氏なんてナイナイの岡本にそっくり。この類の映画にそう言う笑いは求めていないよ!と突っ込みたくなりました。更に、返す返すも残念なのはキーラ・ナイトレイはエリザベスじゃない!という失望感。彼女、ムニッと笑った時の口元に品がない。演出だと思うけど、雰囲気が合ってない。「ドミノ」をひきずってる。なんというかアニマルな感じ・・・。美人なんだけど種類が違う。キャスティング・ミスだよねぇ。もったいない。勝ち気で意志が強く、かつ18世紀の「知的なエリザベス」は彼女には荷が重すぎた?
b0056988_14425189.jpg

ストーリーの展開は、世紀を超えたベストセラーが原作なのですから、ツマラナイはずもない。人を恋する高揚感、不安、誤解、捨てきれない自身のコダワリetc.そしてすれ違う心、再びのめぐりあい。恋にまつわる山あり谷ありの展開はどんな時代にも通じあうものがあり、魅力的です。

でも、原作者ジェーン・オースティンは生涯独身、42歳で没。作品自体、世間で評価されるようになったのは40過ぎてからの事らしい。そういう人だからこそ、「結婚」という凡庸かつ切実なテーマの中に、人間の普遍的な愚かしさや愛らしさを見事に織り込んで、不朽の作品にまで仕上げられたのだろうと思います。巧いこと資産家と結婚しちゃった女性は、こんな小説をコツコツ書いたりしないです。ハラハラしたりドキドキしたり、哀しくて切なくて、ラストはハッピー♪なんて小説は、ソウでない人生を生きている人だからこそ描き出せものでしょう。ならばやはり、もう少し、情緒あふれるツクリの方がやっぱりふさわしい。もしくは潔く、きっぱりブリジするかです。
b0056988_11551892.jpg

ダーシーを演じたマシュー・マクファディンはナカナカはまっておりました。無骨だけれど誠実で一途な男。ぴったりでした。そしてエリザベスをこよなく愛する父ベネット氏はドナルド・サザーランド。最後をきっちり締めてくれました。この2人がこの映画の救い。
b0056988_11552887.jpg


おまけ
[PR]
by tara-a | 2006-01-19 12:07 | Movies & Books

春夏コレクション

この冬は記録的な寒さと言われていますが
ファッションの世界は既に春

シャネルではおなじみのカメリアもこの春は
「クラウド・カメリア」(雲のカメリア)というバージョンが登場するそうです
ふんわりと空に浮かぶ雲のようにやわらかな白いシフォンのカメリア
綿菓子みたいに魅力的♪
心惹かれるモノがございます
b0056988_14483981.jpg
スーツはモチロンデニムに合わせてもOK!ということですが
そりゃそうでしょう。でも
サンダル \69,300 バッグ \214,200エン也
・・・・・う~ん
今買いたいと思っているHDD&DVDレコーダーと液晶テレビの値段に相当します
おそらくそちらになりそうです・・・
[PR]
by tara-a | 2006-01-17 12:39 | News picked up

スタンドアップ(試写会)-North Country-

b0056988_14171877.jpg
見ごたえのある作品でした。

舞台は1970年代の北ミネソタ、男達はみな炭坑で働き暮らしを立てていた。この町で生まれたジョージー(シャーリーズ・セロン)は高校時代に未婚の母となり、別の男と結婚したものの夫の暴力に耐えきれず離婚、両親の元に帰ってきた。父親の違う2人の子供を抱えながらも、誰にも頼らず自分の力で家族3人暮らしていきたいと願い、給料のいい炭坑で働く決心をする。しかし、炭坑は「男の聖域」。覚悟はいていたものの、想像を絶する陰険で悪質な嫌がらせが彼女を待っていた・・・・・

アメリカでセクシャルハラスメント訴訟に初めて勝利した女性をモデルにした作品。コレが実話に基づく話なのかと思うと気が遠くなりました。今でいう「セクハラ」の範疇を超えています。女であるというだけで、「人」として認められず、徹底してバカにされ踏みつけにされる。それは男達の「生活の糧」を脅かされる恐怖への反発と、「聖域」であった炭坑に足を踏み入れ男のプライドを傷つけた女への復讐でもあった。
b0056988_11435318.jpg
見ていて辛くなるほどの怒りを感じるのは、単なる女性に対するセクハラではなく、「人として」許されないレベルのイジメや虐待が、集団で加えられていた事実。女性(=マイノリティー・以下同義)は一方的に耐えるしかなく、さらに、その現実を覆すにも、かえって女性が女性の敵になることも多かったこと。それは自分自身と家族の最低限の生活を守るためだったことが、なおさら哀しく辛かった・・・・。こんなにも必死で生きている人々が、一握りの金持ちや大企業の都合で、互いに傷つけ合うようにし向けられるなんて、世の中ヒドスギル!!でもこの構図は昔も今もたいして変わっていないんだよな、と思うと益々怒りバクハツでございました。

途中で、私も過去にあんな事やこんな事があった・・・なんて、比較の対象にならない些細なことを思い出してヒートアップしてみたり、映画に出てくる男どものあまりのひどさに、「マシンガンでぶち殺してやりた~~~~い!」という強い衝動に何度も襲われたりも致しました。おほほ。少なくとも、殿方と2人で見る映画ではないでしょう・・・
b0056988_1418151.jpg

でも、むずかしくて重いだけの社会派作品なのかというとそうでもありません。
子供のため、家族のささやかな幸せのため、必死で戦い続けるジョージー。長年炭坑で働いてきたことを誇りとし、ティーンエイジャーで子供を産んだ娘・ジョージーを恥さらしと遠ざけてきた父。そんな夫と娘をハラハラしながら見守り続け、ついに行動を起こす母。そしてジョージーの子供達。この3世代の家族のスレチガウそれぞれの思いと、ようやく通い合う心が感動的に描かれています。
b0056988_14175882.jpg

脇を固めるキャストも豪華。この作品にはなんと3人のアカデミー主演女優が出演。
一人はもちろん主演のシャーリーズ・セロン。彼女に仕事を紹介し最後まで彼女を支えてくれたグローリーにはフランシス・マクドーマンド。ジョージーの母にシシー・スペイシク。流石に皆さんいい味出していました。

正月休み、穏やかで甘いテイストの作品をたっぷり見だめた私にとって、たいそう見応えのある作品でございました。
[PR]
by tara-a | 2006-01-16 12:20 | Movies & Books

証明写真

b0056988_13535317.jpg「証明写真」って突然必要になって
困ったりしませんか?
しかも、高くて、納得のいかない仕上がり。

・・・・・・こんなはずじゃない!!! (絶句・涙)
と思うのは毎回のこと。
まあ、目の前の証明写真を直視して
現実の自分を受け入れるいい機会なのかも・・・

な~んてはずはな~い!
ということで、セルフメイド証明写真に挑戦しました。

こういう時にデジカメってほんとに便利
お手軽に何度でも納得行くまで取り直しできる
今や大型の液晶もついていて、その場で写り具合を確認
表情やポーズをチェックして取り直しすれば改善の余地あり
以前、高いお金を払って撮ってもらったのに仕上がりは
「毛が立っていた!」ということもありました・・・
今回は、プロに撮ってもらうよりよっぽど満足できる写真が撮れました♪

証明写真用の定型サイズの指定も、フリーソフトで十分対応可能です
VIX はお薦め。サクサク軽くて機能も十分)
画像を定型サイズのタテヨコ比に合わせてトリミングするだけ
ただし、印刷出力サイズの指定がデキルソフトが見つからず一苦労
WEB検索で1時間ほどさまよってしまいました
見つけてみれば何のことはない
手持ちのソフト(フォトショップエレメント)で対応可能でした。脱力・・・
知らなかったよ、そんなことできるなんて・・・宝の持ち腐れ・・・
何はともあれこんなところで活躍してくれて大感激

適当な印刷ソフトをもっていいない場合は、印刷だけ写真屋に頼んで、
ジャストサイズの証明写真を焼き増ししてもうらうことも可能なようです。
お子さまをお持ちのご家庭では家計の節約にもなるのでは?!

パスポートなどの証明写真は規格が厳しいのでご注意下さい♪
ちなみに冒頭の画像は私ではなく、懐かしの益田由美アナ。
・・・・・もちろん同世代ではありません。よ!
[PR]
by tara-a | 2006-01-12 12:48 | 雑 感

ラブコメ

年末年始は家でのんびり・ゆっくり・まったり過ごしたい。
そんな気持ちのマンマに過ごした日々でございました。

そして、そんな気分の時には、毒のない映画=ラブコメがハズセません。
激しく感動することはないけれど、一定水準を超える美男美女が登場し、それぞれに一ひねりあり、そこそこ楽しめる作品で、時間ふさぎに何か、と言うときにはもってこい。
ためこんでいた作品をこの機会にいくつか楽しみました。

b0056988_1705216.jpg
艶やかな華のある役者、ジョージ・クルーニーとキャサリン・ゼタ=ジョーンズが主演した 「ディボース・ショウ」 -INTOLERABLE CRUELTY-は、離婚専門のやり手弁護士と慰謝料目当ての離婚を目論む美女との尽きせぬバトル。監督はコーエン兄弟とあって小ネタ満載。ま、ま、大人のラブ・コメ合格水準。です。

b0056988_1713631.jpg
田舎育ちの女の子(グウィネス・パルトロウ)が国際線のスチュワーデスを目指して奮闘する物語、「ハッピーフライト」-VIEW FROM THE TOP-はちょっとした爽やか成長物語テイストを感じるけれど、ラストはオイオイっと苦笑い。やっぱりコメディーね。というオチ付き。カル~く、楽しめます。教官役で出てくる「オースティン・パワーズ」のマイク・マイヤーズの怪演が見物。

b0056988_1801532.jpg
「10日間で男を上手にフル方法」-How to Lose a Guy in 10 Days -
ケイト・ハドソンの都会的かつキュートな魅力的があふれてます。 マシュー・マコノヒーもなかなか。さすがにヒット作だけあって、設定も展開もそれなりにオモシロイのですが、ケイトの中途半端な自立ネタが不必要。ホントにハンパですっ(怒)。ラブ&コメディにしぼっていたら楽しめたのに。それが残念。

b0056988_172680.jpg
「プリティーガール」-The Prince & Me- は思いのほかお気に入り! 平凡な米・女子大生とデンマーク皇太子との恋という、全くベタなシンデレラ・ストーリー。主役(ジュリア・スタイルズ)はサホドの美女でないけれどチャーミング、皇太子(ルーク・マブリー)のキャラも可愛げアリ。笑っちゃうほど都合の良いストーリー展開に、あきれつつも、ここまで来れば気持ちいい!!と思ってしまった次第です。いくらオープンな欧州の王室とはいえこれはアリエナイ。(雅子さんが気の毒になってくる・・・・) 
深層心理に深く刻まれたお姫様願望が今更刺激されちゃったのかいっ?!という感じです。お恥ずかしい。(笑)
お気楽にご覧になってくださいね。
[PR]
by tara-a | 2006-01-10 12:46 | Movies & Books


-- Shop*Beads B. -- オープン!
カテゴリ
最新のトラックバック
Former Water..
from Former Waterpi..
American Beaty
from American Beaty
Berkshire Ha..
from Berkshire Hath..
Pedro Zamora
from Pedro Zamora
Strawberry F..
from Strawberry Fes..
Vilma
from Vilma
Jason Ferguson
from Jason Ferguson
Brandon Mcin..
from Brandon Mciner..
Ece Filiz
from Ece Filiz
Myvu Pmv1004i
from Myvu Pmv1004i
Coptic
from Coptic
Katoucha
from Katoucha
Lost Season ..
from Lost Season 4 ..
Mcskillet Bu..
from Mcskillet Burr..
Bleach 312
from Bleach 312
La Marathon
from La Marathon
Baby K Tan
from Baby K Tan
Leaping Frog
from Leaping Frog
Little Boy W..
from Little Boy Who..
Realize
from Realize
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧